======================================================================

◎◎◎運命の方程式◎◎◎
第00018号

01/07/28
======================================================================
運命には、パターンがあります。
生・老・病・死。
春・夏・秋・冬。

月は満ちては欠け、欠けては満ちる。
日は昇り、沈んで、また昇る。

物事は始まり、進み、終わり、そしてまた始まる。

単純なパターンが複雑に絡みあい、一寸先を闇にする。
方程式とも呼べないほど単純な式が、複雑に絡みあって、
予測困難な未来を紡ぎだす。

明日に向かって、足を踏み出す時、
私たちの足元は、常に暗く、危うい。

運命に打ち克つには、その性質をよく知るべきです。
足元を仄(ほの)かに照らす、運命の方程式を・・・。

by Iseki Masahiro


----------------------------------------------------------------------
○目次○

◎功過格
◎種を蒔くこと


----------------------------------------------------------------------
◎功過格◎

かなり昔ですが、何かの本で功過格というのを読んだことがあります。
運を良くする秘法だというので、ドキドキしながら読んだのですが、その内容
は、実に退屈なものでした。

良いことをしたら、プラス何点(功)。悪いことをしたら、マイナス何点(過)。
その良いこと、悪いことによって、点数が定められていて、その合計のプラス
マイナスによって、運が良くなる、悪くなる、という単純な方法でした。

早死にの因縁を回避するには、何点以上必要、貧乏な因縁を回避するには、何
点とかなり細かく決められていました。

それを読んで、私は、「馬鹿馬鹿しい!」と失望して、その後ずっと忘れてい
ました。

しかし、一見馬鹿馬鹿しい方法ではあるけれど、一理あると最近では考えてい
ます。

ひとの窮地を救ったりすれば功、ひとの妻や恋人を奪ったら過とか、ひとから
感謝されることをするのが功で、恨まれることをするのが過です。
よく考えてみれば、これは敵を減らし、味方を増やすための当たり前の方法で
す。

たとえ本心からでなくとも、たくさん功を積んでいれば、もし自分が衰運に陥
ってしまったとき、過去の人間関係の中から、律儀に恩返しをしようという人
間も、確率は低いながらも出現するでしょうし、たくさん過を積んでいれば、
弱っているのをいいことに、ここぞとばかりに仕返しに酷いことをしてくる人
間が、高確率で出現することでしょう。

もし、早死にの因縁があり、病魔に襲われても、奇跡の名医を誰かが紹介して
くれるかも知れないし、貧乏の因縁も、良い人脈を築けば、チャンスが増えて
、そんな因縁もちからを失っていくに違いありません。

窮地で助けが得られるというのは、ツイテいます。窮地で追い討ちをかけれる
ようであれば、明らかに運が劣化しています。

先天的にツイテいても、つまらないことで運を落としてしまうし、多少ツイテ
いなくとも、地道な積み重ねで、ツキを引き寄せられます。

まさに当たり前のことなんですが、運は当たり前のことの積み重ねで強化され
、当たり前のことをなおざりにして、静かに壊れていくのだと思います。


----------------------------------------------------------------------
◎種を蒔くこと◎

ツイテいないひとは、想うばかりで、ちっとも腰を上げず、いつまでもあれこ
れ無駄なことを考えて、行動に移りません。そして、そうこうしているうちに
、状況が悪化して、にっちもさっちもいかなくなる。

ツイテいるひとは、じっくり考えますが、結論がでると、すぐに実行します。

吉凶は動くことによって生じます。

吉凶の結果があるところ、必ず過去にその吉凶の種があります。
腰を上げず、行動しないひとは、種を蒔かないひとです。

賑やかな恋愛運を得たいのであれば、異性との交流の場に接点を作る努力をし
たり、積極的な行動が必要です。面倒だからとか、忙しいからとか、理由を作
って何もしなければ、何も起りません。

もっと自分にあった職業に就きたいと思うなら、そのために必要な資格やモノ
やコネなどを、すすんで獲得しなければ、望みは叶いません。

願望を実現させるためには、その願望の方向に種を蒔かなければなりません。
この基本的なことを怠っているひとが意外に多いです。

種も蒔かず、耕さずに収穫だけ望むのは無謀です。

ツイテいるひとと、ツイテいないひとを比べると、ツイテいるひとのほうが、
圧倒的にたくさんの種を蒔いています。収穫量に差がでるのは当然です。

不発の種もありますが、とにかくたくさん蒔けば、蒔いただけのことはありま
す。

ツキは積極的に行動するひとの味方です。


それでは、また来週!


----------------------------------------------------------------------
マガジン名 運命の方程式
発行周期  週刊
発行者   井石 正浩(いせき まさひろ)
orakeln@nifty.com
http://homepage3.nifty.com/orakeln

登録・解除はホームページからも出来ます。

----------------------------------------------------------------------
このメルマガは以下の各社にて配信されています。

まぐまぐ ID 0000063279  http://www.mag2.com/
パブジーン ID 012632 http://www.pubzine.com/
melma ! ID m00033709 http://melma.com/

----------------------------------------------------------------------
この原稿はメルマガ作成支援ソフト『Aries 』を使用して編集しています
 ダウンロード(試用期間30日です)  http://www.h2o-soft.com/aries/
----------------------------------------------------------------------