======================================================================

◎◎◎運命の方程式◎◎◎
第00027号

01/09/30
======================================================================
運命には、パターンがあります。
生・老・病・死。
春・夏・秋・冬。

月は満ちては欠け、欠けては満ちる。
日は昇り、沈んで、また昇る。

物事は始まり、進み、終わり、そしてまた始まる。

単純なパターンが複雑に絡みあい、一寸先を闇にする。
方程式とも呼べないほど単純な式が、複雑に絡みあって、
予測困難な未来を紡ぎだす。

明日に向かって、足を踏み出す時、
私たちの足元は、常に暗く、危うい。

運命に打ち克つには、その性質をよく知るべきです。
足元を仄(ほの)かに照らす、運命の方程式を・・・。

by Iseki Masahiro


----------------------------------------------------------------------
○目次○

◎欲望
◎マメなひとが勝つ
◎良い運勢でも・・


----------------------------------------------------------------------
◎欲望◎

強い欲望の持ち主のほうが、成功し易いようです。
物事を成就させるには、強い欲望を掻き立てることも重要です。自分の欲しい
もの、自分の望む状況をリアルにイメージすることによって、その望むもの、
望む状況の方向にアンテナを向けることになります。

自分の欲望に貪欲ならば、その欲望の成就のためにあらゆる努力をするように
なるものです。

その結果、たくさん種を蒔くことになります。たくさん種を蒔けば蒔いただけ
の収穫が期待出来るようになってきます。

種も蒔かず、耕しもせずに、収穫を望んではいけません。


----------------------------------------------------------------------
◎マメなひとが勝つ◎

せっせと種を蒔くことによって、少々不利な条件でも大きな収穫を上げたひと
の実例を紹介します。

私の若い頃の知り合いに伝説のプレイボーイと言われた男がいました。
二十代前半で千人斬りを達成するほどの遊びぶりで、女性をナンパする収穫量
(不適切な表現です)に関しては彼に比肩する者はいませんでした。

しかし、その伝説のプレイボーイはブ男でした。不潔感こそ無いものの、チビ
で頭は薄くなり始めていて、ナンパ師としては重大なハンディキャップを背負
っていました。その彼がとびきりのナンパ師になれたのは、とにかくたくさん
動き、街で女性にほとんど片っ端から声をかけていたこと、空いている時間に
は、寝る間を惜しんで、知り合った女性に電話をかけまくり、一日の全てをナ
ンパに捧げていたからでした。

格好良く無かったですから、声をかけても、女性がのってくる確率は当然大し
たことなかったですが、とにかくその量がハンパでは無かったので、確率の低
さは問題にならず、たくさんの女性をものにしてしまっていました。

そんな生活を続けているうちに、不思議なことに、女慣れした華やかな雰囲気
が身につき、やがて、正真正銘のプレイボーイとなってしまいました。

普通のひとの百倍種を蒔き、十倍の収穫。そんな感じでした。


----------------------------------------------------------------------
◎良い運勢でも・・◎

さて、伝説の彼よりも百倍格好良い男性が、その生まれつきの恵まれた容姿の
お陰で、酒池肉林の状況に在るかというと、決してそうではありません。格好
良くても全然動かないひとは、それほどモテません。

非常に低俗な例を上げてしまいましたが、運勢の強い弱いも、ナンパのときの
容姿の良し悪しと似たようなもので、絶対的な条件ではありません。良い運勢
でも、ただ何となく生活しているだけで、素晴らしい出来事に出会う訳では無
いし、少々悪い運勢でも、強い願望を持ち、その願望実現の為に積極的に種を
蒔いているひとであれば、動かない強運のひとの何倍もの成果を上げることに
なります。

私はたくさんのひとの運勢を鑑定してきましたので、世の中で成功しているひ
との運勢は、そんなに大したことない場合が多いのを知っています。運命学の
教科書に載っているような凄い運勢のひとは、個性が強すぎて、かえって不遇
な生活をしている例が多いです。その運勢を生かせる環境が得られていれば、
勿論常人では考えられないほどの成果を得られますが、普通、平凡な運勢のひ
とが、平均以上の積極性を発揮したときに及びません。

運勢が良ければ、黙っていても幸せになれると思うのは間違いです。また、運
勢が悪ければ、幸せになれないなんていうことも、絶対にありません。

例えば、運勢が良いというのは、勝率8割のひと、悪いひとは2割のひと、み
たいなもので、有利であるか不利であるかに過ぎません。勝率8割のひとが、
10の種を蒔けば、成果は8。勝率2割のひとでも、100の種を蒔けば、そ
の成果は20です。そして、勝率の悪いひとがよく種を蒔き、苦労しながら大
きな成果を上げた場合のほうが、人望・人格では完全に上になります。

運勢というのは、相対的なものです。絶対的なものではありません。良い運勢
でも、そのひとの望む事柄によっては、役に立たないこともあるし、普通なら
悪いと判定せざるを得ない運勢も、その方向性によっては最高の働きをするこ
ともあります。

誰にでも等しくチャンスがある、なんて寝言を言うつもりはありません。しか
し、運勢よりも、そのひとの姿勢のほうが重要です。



それでは、また来週!


----------------------------------------------------------------------
マガジン名 運命の方程式
発行周期  週刊
発行者   井石 正浩(いせき まさひろ)
orakeln@nifty.com
http://homepage3.nifty.com/orakeln

登録・解除はホームページからも出来ます。

----------------------------------------------------------------------
このメルマガは以下の各社にて配信されています。

まぐまぐ ID 0000063279  http://www.mag2.com/
パブジーン ID 012632 http://www.pubzine.com/
melma ! ID m00033709 http://melma.com/

----------------------------------------------------------------------
この原稿はメルマガ作成支援ソフト『Aries 』を使用して編集しています
 ダウンロード(試用期間30日です)  http://www.h2o-soft.com/aries/
----------------------------------------------------------------------