======================================================================

◎◎◎運命の方程式◎◎◎
第0041号

04/04/14
======================================================================
運命には、パターンがあります。
生・老・病・死。
春・夏・秋・冬。

月は満ちては欠け、欠けては満ちる。
日は昇り、沈んで、また昇る。

物事は始まり、進み、終わり、そしてまた始まる。

単純なパターンが複雑に絡みあい、一寸先を闇にする。
方程式とも呼べないほど単純な式が、複雑に絡みあって、
予測困難な未来を紡ぎだす。

明日に向かって、足を踏み出す時、
私たちの足元は、常に暗く、危うい。

運命に打ち克つには、その性質をよく知るべきです。
足元を仄(ほの)かに照らす、運命の方程式を・・・。

by Iseki Masahiro


----------------------------------------------------------------------
○目次○

◎占いの満足度
◎嫁の寝言
◎おひとよし
◎仙人相


----------------------------------------------------------------------
◎占いの満足度◎

私は主に、易・四柱推命で運勢鑑定をしています。
鑑定依頼者の生年月日によって、すごく当て易い場合とそうでない場合とがあ
ります。

当て易いのは、波瀾万丈な運勢のひとです。たくさん注意点があるので、それ
を二つ三つ指摘し始めた時点で、その依頼者は変化に富んだ運勢の持ち主です
から、すぐに思い当たることがあり、「当たっています!」と感想をもらしま
す。占う側からすると非常に楽なケースです。(当てるだけなら・・。)

平坦な運勢のひとは、地味だけど幸運な鑑定結果になることが多いのですが、
鑑定結果に対する満足度が低い傾向があります。特記すべき特徴が少なく、当
て難い。当たっているような、いないような、まぁ、外れてはいないなぁ、み
たいな感想を持ち易い。恋愛の相性鑑定で、相手の生年月日があるときには、
グッと鑑定し易くなり、具体的な鑑定・指摘に満足してもらえるのですが、依
頼内容が漠然としている場合には、幸運な鑑定結果の割に、いまひとつ満足度
が低いことが多い。(こういうケースほど、占いの労力は大きい!)

波瀾万丈運のひとに対して、あまり効果的なアドバイスが出来なかった場合で
も、その鑑定結果にそのひとは満足して、時には感激して帰る。反対に良い結
果なのに、物足りない気分で帰るひとがいる。(労力と満足度が反比例する微
妙な問題です。)


----------------------------------------------------------------------
◎嫁の寝言◎

HPの嫁の寝言というコーナーで、嫁が相撲の予想をやりました。(優勝力士の
予想と、毎日の幕内上位三番の勝敗予想。)

その結果に当人は凹み気味で、「十両の取り組みのほうが的中率が高かったか
ら、そっちを公開すれば良かった(>_<)」と嘆いています。しかし、よく検証
してみると、その結果は決して悲観すべきものではなく、どちらかというと非
凡な結果が現れていました。

幕内の優勝力士を当てていることと、そのほかに活躍しそうだとピックアップ
していた力士が休場してしまったことが、重要です。

優勝した力士と、怪我で休場した力士に、他の力士には無い違和感を検出でき
たことはかなりポイントが高く、嫁本人は凹んでいますが、私の評価はまずま
ずです。


----------------------------------------------------------------------
◎おひとよし◎

おひとよしはどうしても損してしまいます。
人格的、人間的には素晴らしいのに、残念ながらツキを失う要素を持っていま
す。

まず、誰かと利害が対立した場合、生来の優しさから自分の権利を相手に譲っ
てしまう。それと同時に自分のツキまで相手にプレゼントしてしまっているこ
とが少なくありません。

特に仕事に関わる人間関係の中に、図々しくあつかましいひとがいた場合、そ
の害は大きく、面白いように運を食われてしまいます。

おひとよしで損をするタイプのひとは、「鬼」になったほうが良いです。
図々しいひとに運を食われないように、情け無用の非情さを身につける訓練を
して、あつかましい要求を一蹴しましょう。

鬼や悪魔になったつもりで、やっと世間並みの自己中心度に近づく程度でしょ
うから、気にせずに鬼になりましょう。


----------------------------------------------------------------------
◎仙人相◎

あまりにおひとよしのひとを見ると、もしかしたら、「仙人相」かもしれない
と心配になることがあります。

「仙人相」というのは、私が勝手に名付けた相なのですが、早死にの相です。
人格の完成とともに、あの世からお迎えがきてしまう相。

去年、親しかった同級生が脳溢血で急逝してしました。その彼が完全な仙人相
でした。

彼の生涯は不遇でした。優秀な頭脳の持ち主だったのに、運命の悪戯でその能
力は不発。重い肉体労働に従事していました。運命の歯車が狂いまくって、結
局いいところがないままにゲームオーバー。

彼と最も親しかった友人の話では、そんな苦境にも係らず、彼の人格は日に日
に聖人化していったそうです。死の直前には、にこやかで穏やか、それでいて
何とも侵しがたい神々しい雰囲気に包まれて、生きながら既に仏になっていた
としか思えない風格が備わっていたそうです。

それでは、また!


----------------------------------------------------------------------
マガジン名 運命の方程式
発行周期  週刊
発行者   井石 正浩(いせき まさひろ)
orakeln@three-dice.com
http://www.three-dice.com

登録・解除はホームページからも出来ます。

----------------------------------------------------------------------
このメルマガは以下の各社にて配信されています。

まぐまぐ ID 0000063279  http://www.mag2.com/
パブジーン ID 012632 http://www.pubzine.com/
melma ! ID m00033709 http://melma.com/

----------------------------------------------------------------------
この原稿はメルマガ作成支援ソフト『Aries 』を使用して編集しています
 ダウンロード(試用期間30日です)  http://www.h2o-soft.com/aries/
----------------------------------------------------------------------