======================================================================

◎◎◎運命の方程式◎◎◎
第0007号

01/05/12
======================================================================
運命には、パターンがあります。
生・老・病・死。
春・夏・秋・冬。

月は満ちては欠け、欠けては満ちる。
日は昇り、沈んで、また昇る。

物事は始まり、進み、終わり、そしてまた始まる。

単純なパターンが複雑に絡みあい、一寸先を闇にする。
方程式とも呼べないほど単純な式が、複雑に絡みあって、
予測困難な未来を紡ぎだす。

明日に向かって、足を踏み出す時、
私たちの足元は、常に暗く、危うい。

運命に打ち克つには、その性質をよく知るべきです。
足元を仄(ほの)かに照らす、運命の方程式を・・・。

by Iseki Masahiro


----------------------------------------------------------------------
○目次○

◎結婚線
◎手相は右手?左手?
◎手相は変化し易い!


----------------------------------------------------------------------
◎結婚線◎

手相はポピュラーな占術で、覚え易くて実占的なので、素人手相家も多く、か
なりの人が生命線だとか、運命線など、細かい線の名称まで知っています。
なかでも、結婚線の認知度の高さには驚かされます。

「結婚線がたくさんあるのですが、何度も結婚するんでしょうか?」

「結婚線が2本あるので、2回結婚するってことですか?」

「何歳で結婚しますか?」

若い女性を鑑定すると、必ず訊かれます。
そして認知度が高い割に、間違った判断法が浸透しているのにも驚きます。

結婚線というのは、掌の小指の下を、甲のほうから水平に伸びている線のこと
ですが、その本数と結婚の回数は基本的に関係がありません。
また、その線が小指に近いか、離れているかで、結婚の時期を予測するのも、
間違いで、その方法では当たりません。

結婚の時期を予測するには、生命線や運命線の変化しているポイントを流年法
(線上の年齢を示す基点から、その時期を予測する方法。)で測るのが、最も
実占的です。

(手相を全く知らないかたは、まわりの誰かが知っていると思いますので、詳
しく訊いてみて下さい。)

手相というのは、生と性に関わることに強く、健康状態や性格・適性、恋愛に
ついてのこと、結婚や家族のことでは、大変高い確率で当たります。

そして、結婚線はその人の恋愛や結婚、相手のこと(相手の状態なども。)が
示されていて、専門的な知識を駆使すれば、相当な鑑定が出来ます。

正しく鑑定するには、相応の知識と経験が必要になりますが、専門家でなくて
も、ある程度の判断が可能です。

いくつか例をあげると、

4本5本とたくさんの結婚線のあるひとは、たくさん結婚するのではなく、恋
愛は多いが、結婚にまでなかなか到達できないような人が多い。

結婚線が3本以内位で、そのうちの1本がすんなりと、真っ直ぐ伸びているの
は、大体適齢期か、適齢期より若干早く結婚するひとが多い。

結婚・離婚を繰り返したりする人の結婚線は、やはり乱れていることが多い。

結婚線が見当たらないような人も、珍しくありません。結婚線が無いからと言
ってその人が結婚しないかというと、そんなことは無く、ちゃんと結婚してい
る人がいます。

結婚線が無い人の場合、少し性に淡白な場合が多いように思います。

恋人や将来の結婚相手が出現する時、結婚線とその周囲が赤らんで、結婚線が
変化して、形を変えることがある。(結婚線だけに限りませんが・・・。)


----------------------------------------------------------------------
◎手相は右手?左手?◎

手相は右手で見るのか、左手で見るのかという質問も多いです。
勿論、両手を見ますが、私の場合、男女を問わず、左手の手相を重視すること
が多いです。


----------------------------------------------------------------------
◎手相は変化し易い!◎

結婚線のところでも少し書きましたが、手相は運命の変化、そのひとの健康状
態の変化でも、頻繁に形を変えるもので、細かい線だけでなく、明確な深く長
い線でもその形状を激変させることもあります。

それほど変わり易いのですから、当然、長期の予測は困難で、怖くて出来ませ
ん。

高い的中率が期待できるのに、その半面、「絶対に」という言葉を使えない手
相特有の弱点は、常に念頭に置いておかなければなりません。

しかし、他の占術と併用した時には、威力を発揮します。

最近、メールでの鑑定が増えていますが、結婚の時期などを鑑定するとき、手
相を確認出来ない不自由さを痛感しています。

今週は手相について、でした。

それでは、また来週!


----------------------------------------------------------------------
マガジン名 運命の方程式
発行周期  週刊
発行者   井石 正浩(いせき まさひろ)
orakeln@nifty.com
http://homepage3.nifty.com/orakeln

登録・解除はホームページからも出来ます。

----------------------------------------------------------------------
このメルマガは以下の各社にて配信されています。

まぐまぐ ID 0000063279  http://www.mag2.com/
パブジーン ID 012632 http://www.pubzine.com/
melma ! ID m00033709 http://melma.com/

----------------------------------------------------------------------
この原稿はメルマガ作成支援ソフト『Aries 』を使用して編集しています
 ダウンロード(試用期間30日です)  http://www.h2o-soft.com/aries/
----------------------------------------------------------------------